ブログトップ
まずは薪ストーブ一台目。
到着。
c0053399_12514389.jpg
いくら九州とは言え山の中。
地元の農家の人に聞けば、「4月までは霜が降りる」との事。
ここ大分の山の中では、朝晩は気温が氷点下になる時期が今から約半年続くと言うことですわ。

あと半年も普通のストーブでは、灯油代もバカにならないから、北海道ばりに薪ストーブの導入です。

一番安いのは、ブリキのが3800円からあるんですが、一応ボンボン火を燃やす言うなれば「内燃機関」なので、最低限鋳物やろ?という事で、まずは台所に一機導入して見ました。
重さが50キロもありやがります。

さて、品物は来たけど、どうやって取り付ければ良いんだろうね?
何せ相手は「火」だからね。
[PR]
by nashica | 2008-11-11 13:03 | 大分廃材ハウス計画