ブログトップ
空港?
じゃないぜ。
大分県運転免許試験場センター。
c0053399_10182180.jpg
建物の建築デザインやらインフォメーションのデザインも先進的な上に、なんと免許更新の手続きが「全自動」でした。
免許を差し込むと、必要事項が記入された紙が勝手に出てくる。

田舎だと思いきや、やる所はやっている。

俺が今まで住んでた街なんて、刑務所と自衛隊の隣の免許試験場もかなり古いが、その前にまず警察が自分達の建物を建て替えてやんの。
普通の市民が定期的に出入りするのは試験場で、全く用が無い人は死ぬまで入る必要は無いであろう警察の建物。
なのに立て替えるのは、その警察の建物。公共の税金で、一体誰のために?

その上出来上がった免許はICカードだから、定番の4桁の数字でプロテクトされている?とは言え非接触で個人情報垂れ流し状態ですか。
ETCと言い、ICカードと言い、お財布携帯と言いはっきり言って嫌いなんやけど。

そんなデザイン的にも、システム的にもかなり21世紀な大分県警察運転免許センターで働いているお姉ちゃん達が、やっぱり従来型の「大分ギャル」なギャップに萌え。
[PR]
by nashica | 2009-02-15 10:17 | 俺メモ日記