ブログトップ
エコエコ詐欺。
経済産業省が平成21年度の税制改正で、エンジン排気量の大きさを中心に税額を決めている自動車税制を見直し、走行1キロメートル当たりの二酸化炭素(CO2)排出量を基準に税額を決める方式への変更を検討していることが23日、わかった。同様の仕組みは欧州各国が取り入れ始めており、地球温暖化を防ぐグリーン税制の目玉にしたい考えだ。しかし、これまで優遇されてきた軽自動車の税負担が大幅にアップするため、自動車メーカーなどの反発は避けられず、調整は難航しそうだ。
 CO2排出量を基準とした税制になると、排気量が大きい大型車が不利になるほか、これまで優遇されている軽自動車の税額が重くなる見通し。自動車メーカーの今後の商品ラインアップに大きな影響を与えるほか、軽自動車ユーザーなどからの反発も予想される。
詳細こちら>>

事実中、「不利薄」か「淫最徒」を新車で買わない奴はみんな増税ですわ。

エコロジーと言う本来は大切な発想なのですが・・・・・・・・・・
もうこの国では「エコロジー」と言う言葉自体が胡散臭い。
「エコ関係の会社やってます」とか言う人とか既に嘘臭いもん。
本来は良い事だったのに、国を挙げての偽エコの氾濫が拍車をかけたね。

本当にエコロジーの為に税制を改正するならば、100%自転車しか乗らない人や、山奥に住んでて「スーパーカブ」しか持っていない神なんかをなぜ優遇しない?本気でエコに貢献している人たちだって居るのに。

やっぱ全ては「エコロジー」ならぬ「エコノミー」ありき、そして大企業の「エゴのみー」。
既に、エコロジーと言う言葉は、国を挙げての経済を底上げする為の脅迫的な呪文ですわ。

このままでは、若者は、車を捨て、街を捨て、国籍を・・・・・・・・・・
[PR]
by nashica | 2009-05-18 13:23 | 俺メモ日記