ブログトップ
今回の旅の立役者。
なんと言っても、今回の旅の立役者はこの人「初期型パジェロミニ」でしょう。
予想通りと言うか、いや予想を超える走りでした。
c0053399_16204452.jpg
軽なのに軽く大分の山奥から東京まで「ちょっと遊びに」行けてしまう。
本当にそんな車でした。普通に100キロ巡航で3000キロ以上走りました。
3人乗車+荷物満載でもパワー不足なんて全く感じません。

旧規格の小型ボディに、「4シリンダー・ツインカム・20バルブ・インタークーラー・ターボ・4WD」と言う、もうこれ以上は何も付けれない完全フルスペックマシン。
こんな軽自動車他にはありません。まさに純正チューンドです。「4A30」型、良いエンジンです。

「旨い」「安い」「早い」「小さい」と言う4拍子揃ったナカナカの車です。

さすがは腐っても「パジェロ」。
パリダカに出てた車です。

4日間の総走行距離:3250キロ
大分~千葉九十九里:14時間(渋滞回避の為中央道使用)
長野八ヶ岳~大分:9時間
平均燃費:12.5キロ
最高燃費:13.5キロ

所詮は狭い国だから、子供が3人とかになるまでは660ccで充分なのでは???
などと思ってしまいます。

このエンジンを軽トラの「キャリイ」に積めネエかな?。
[PR]
by nashica | 2009-09-26 16:19 | 車&バイク&自転車