ブログトップ
オラは死んじまっただぁ。
加藤和彦さんって言う音楽家が自殺しましたねえ。
フォーク時代の事は知りませんが、「サディスティックミカバンド」の人ですねえ。
最近の復活版にも参加されてて、木村カエラと一緒にテレビで見て驚いたのを覚えています。
その加藤氏は、作曲家としても、本当に素晴らしい楽曲を世に残しています。

その彼が・・・・・・・・
「世の中が音楽を必要としなくなり、もう創作の意欲もなくなった。死にたいというより、消えてしまいたい」と。

頭の悪いメディアでは、「うつ病での自殺」とか言ってましたが、まあそりゃソレもあるかも知れんが、その理由はやっぱり才能がある人は常人のソレとは違う。
この遺書に書かれた事がどんだけ深い意味を持つかは、このブログを読む位「掘り下げて考える事ができる人」だったらお解りでしょうが。

現代の音楽においての殉教者だと思います。

世の中どんどん、「マクドナルド」とか「激安ジーンズ」みたいな破滅な方向へまっしぐらですねえ。
本物なんて全く必要ないって言うか。
特に音楽なんて「マス」だかんね。

だから、俺も都会を一旦出たという話でもあります。
まあ俺はとにかく田舎でどこまで「手で」作れるかに挑戦してみよう!

ともかく、加藤さん!伝わる所にはちゃんと伝わっていると思います。
ご冥福をお祈りいたします。

まあ天国は、「酒はうまいし、姉ちゃんはキレイで」だと思われますので。
ゆっくりなさってくだせえ。
[PR]
by nashica | 2009-10-20 10:14 | 俺メモ日記