ブログトップ
やっぱ開花直後がキクそうです。
c0053399_20242565.jpgミスターX(母様)からの指令で、
「開花直後のどくだみの葉を100枚取って来い」とのこと。なんでもそれをお茶にしたり、体に塗るオイルにするんだとか、一体どこからそんな知識を得てるのか?不思議なミスターXだが、
そういうのを世間ではアロマエッセンスと呼んだり、古くはアーユルベーダの手法だったりしそうなんだが、本人は知る由もない。(たぶん)

んで、その「どくだみ」ちょっと調べると、中国4000年の歴史漢方でも
「十薬」と呼ばれ、かなり漢方の基本的な植物。その効果は、

1.花や葉、茎には、排便を促す緩下作用や余分な水分を排泄する利尿効果がある
2.体内の老廃物除去作用がある。
3.毛細血管を強化する作用もある。
4.神経細胞や筋肉組織を活性化する働きがある。
5.体内の水分を正常に保ち、皮膚表面の汗腺の調節に効果があり、自律神経をコントロールする働きもしている。
6.便秘症、風邪、蓄膿症、耳鳴り、胸の痛み、のぼせ、胃酸過多、高血圧、動脈硬化に。
7.冷え性、更年期障害、生理不順、腰痛、アレルギー性湿疹、アトピー性皮膚炎、皮膚病、ニキビ、吹き出物によい。
8.心身をリラックスさせ、血行をよくし、新陳代謝を高め、皮脂分泌を活発にする。

エトセトラエトセトラ・・・・・

飲んで良し、塗って良し、入浴して良し。
つまり人間の体にとっても良い植物ということらしい。

せっかくやけん、自分の分も取って、入浴あたりから実践実践っと。

さてどこで、探そうかな~。
ハート型の葉っぱで、フチが紫のグラデの奴ね~。
ん!?

「ウチの庭の雑草で一番多い奴」でした。アボボーン。
[PR]
by nashica | 2005-05-16 20:12 | 俺メモ日記