ブログトップ
僕達って「ロハス」だからさあ?
LOHAS(ロハス)。
またもや、珍ワード?登場。ほんと日本人「新しい何か」を見つけるの好き。

果たしてロハスとは何ぞや?新しく出来た中東のテロ組織の名前か?
と思ったら、ある意味似たような言葉だった。

んでそのLOHAS(ロハス)とは、
「Lifestyle of Health and Sastinability」の頭文字。
自然と人間が共存しながら、健康的でいられることを最優先し、地球環境を持続していくための暮らしを実践しよう、という人達のライフスタイルのこと。
なるべく体に優しい食材で料理し、ガーデニングなど自然と接するのが好きで、適度な運動による健康維持に関心がある人。
暮らしの中に手作りのインテリアを盛り込んだり、エコロジカルなアイテムを使ったり、省エネを楽しみながら実践している人、そんな人たちの暮らし方のこと。

米国では、LOHAS(ロハス)は大きく5つのカテゴリーに分類されています。
①持続可能な経済(再生可能なエネルギー、環境に優しい製品)
②健康的なライフスタイル(オーガニックフード、ナチュラルコスメ)
③代替医療(ホリスティック医学による疾病予防法、健康増進法)
④自己開発(ヨガ、フィットネス、心と身体のための製品)
⑤環境配慮型のライフスタイル(エコグッズ、環境にやさしいエコ家電、オーガニック製品、リサイクル、エコツーリズム)
と言う事らすい。(ロハスのすすめHPより)

じゃあ俺らは誰なん?と考えた時、ここ九州は田舎だから、自然は多いし、運動もすぐできるし、食に関しては、原点である地産地消ができる。ロハス的?観点からすれば九州は全てが自然に近いのだ。
これを都心部で、ロハスをやろうと思えば、自然は遠いし、食は高いし、運動する方法とか、そうとうな出費で、かなり覚悟がいるはず。だから、「やってる」人とそうでない普通の人を差別化するために出てきた新しいキーワードだろう。

「僕達はロハスなんです」・・・・。今現在、全然しっくり来ない。

それぐらいならまだ良いけど、トヨタのCMとか、不動産会社のCMに速攻で採用されて、「私達はロハスに乗ってます」とか「夢のロハスマンションに住む」とかスグに言い出す様になるような希ガス。(予言)
そしたらその時は、みんなでしけしけボーンして、さらに新しい言葉を作ろう。
「グリーンサバス」とか「エコもっこス」とか「エコ巫女ナース」とか・・・・
[PR]
by nashica | 2005-06-08 09:24 | 俺メモ日記