ブログトップ
京都歴史探訪 day2
京都歴史探訪 2日目。
今日もカミサンはスクールへ。

俺はマロンちゃんの家で、起きてから、そのまま今日のライブのセッティングに同行した。
場所は、これまた京都ロックの歴史を刻んできたライブハウス「磔磔(たくたく)」だ。

しかも今晩のライブは、東京の「ねたのよい」(ネタの良い?)と、「だててんりゅう」(1971年結成)と、加藤義明&ミッキー(村八分!1970年結成)というライブ。

うん!伝説やね。まさに本物の伝説や。
偶然京都に来て見れば、どうやら凄いモノを見ることになって来ました。
まあ偶然と言うか、今回お世話になっているマロンちゃんが現だててんりゅうのメンバーだった訳で・・・・・

という訳で、「ちょっと来て見た京都」だった筈でしたが、気がつけば、なんか流れ的に、「京都ロック史の深淵」を見る事になって来ました。

ってな感じで「磔磔(たくたく)」到着!。
c0053399_14285237.jpg
続々と京都ロック史の登場人物の方々が到着なさっております。

そしてライブスタート!
東京の「ねたのよい」(村八分フリーク?)の後に、「だててんりゅう」登場。
なにせ、バンド暦35年以上!しかも普通のバンドの35年じゃありません。その重みビシバシで、とりあえずカミサンは号泣で。
c0053399_14351761.jpg
そして最後に登場なさったのは加藤義明&ミッキー。
日本ロック史の伝説、本物の「村八分」の方々です。

とりあえずハンパ無い空気感とスリル感。
もはや俺ごときには、何も語ることなど出来ません。

ライブ後にマロンちゃんに紹介いただいたりして、写真をパチリと。
俺はともかく、村八分の加藤さんと写真に納まるウチのカミサン(23歳)が素敵です。

今晩は何かティラノサウルスとかイクチオサウルスとかの恐竜にでも出会った様な緊張感と疲労感にて、買って帰ったチューハイ一本を飲み干すことなく撃沈。
[PR]
by nashica | 2006-08-06 14:12 | 俺メモ日記