ブログトップ
アイヌ文様の美
そういえば昨日、久々に「お好み焼き井上」へ。

その後に、なんでだか、ヤッチー、ヒデオ達と、
いのちのたび博物館の「アイヌ文様の美‐線のいのち、息づくかたち‐」展
に出かけて見た。

博物館に入ったのは、あの「北九州博覧祭2001」で、この場所で働いていた時以来だね。

しかもなぜか通常の入場料500円で、特別展も見れるお得なサービス中でした。
c0053399_16144828.jpg
なんと靴は「鮭」の皮でした。ヒグマは「神」でした。
アイヌの生活、そして文様スゴイかったす。

大陸の文化+アイヌの文化のオリジナルミックス。
何って言うか、もう他の日本国内の文化とは、全く異なるセンス。
「わびさび」ってよりは「サイケデリック」に近い。
ナチュラルボーンサイケですね。

特にこの「カパラミプ(木綿衣)」のデザイン!
コレ、ほ、欲しい・・・
[PR]
by nashica | 2006-11-20 16:14 | 俺メモ日記