ブログトップ
黒島特攻記念祭 day1
早朝4時より、出来立ての「九州新幹線つばめ」に飛び乗る。
鹿児島まで僅か2時間10分。速ええ。

そのまま鹿児島港へ向かい、初めて乗る離島連絡線「みしま号」へ乗り込んだ。
c0053399_11541148.jpg
この船は1200トンの船らしいんだが、鹿児島は錦江湾を出れば、そこは東シナ海。外洋である。揺れる。

晴天の中で、海がシケてるんで、船の外側は水しぶきが凄くて、ふと気が付けば、船は虹に包まれながらすすんでいた。
c0053399_11543558.jpg
先週の「虹のみさきまつり」では、今年は虹にお目にかかってなかったが、虹はココに居たかと少し喜んでいたら・・・・・・・
c0053399_11545215.jpg
俺のオクサンは、この船の揺れに、海の藻屑と化していた。
この状態で5時間死んでいて、硫黄島についた時に見たモノは・・・・・・・!
c0053399_11551447.jpg
島の小中学生によるジャンベのお迎え!
この三島村のジャンベの浸透っぷりはスバラシイ!

そして、硫黄島を出港後、黒島に向かう途中に、なんと島の役場の方々の御好意でなんとこの船で佐野家の親族が漂着したポイントに向かうと言う。
1200トンもある船なのに、嬉しい限りです。
c0053399_11553218.jpg
ちょうど漂着地点の真向かいでスロットルを緩めて頂き、船の汽笛と共に献花と、かなり遅れてやってきた親族として、お祈りをささげる事が出来ました。

そして、こちらが今回お声を掛けていただいた「元日本海軍神風特別攻撃隊 正気隊少尉 江名武彦さん」と、彼が「神風特攻」中に不時着した海域にて。
c0053399_1155491.jpg
今後、この国で意識のある人達が、何に特攻をしなければならないかを確信しました。

「フォース」の向こう側に初めて「大和魂」が見えました。
[PR]
by nashica | 2007-05-10 09:45 | 俺メモ日記