ブログトップ
ユニバーサルデザインとは?
今現在、基本的には毎日自転車通勤をしている。
片道5キロ弱。車だと、会社に着いても眠いが、
自転車で会社に着いた頃には、ちょうど「頭スッキリ!」で、気持ちいい。

今仕事で「ユニバーサルデザイン」と呼ばれる概念について研究中である。マジで!
それは、「全ての人にとって使いやすく快適な設計」ということで、今後の世界規模の大きな流れになって行くと思われる。(既になっているとも言う!?)
建築デザインにおける車いすへの配慮とか、ファミリーカーの室内デザインとか、家電製品のインターフェースとか、凄く細部まで、配慮されていて、関心してしまうデザインもある。

そんで、自転車通勤!
毎日「普通に」自転車通勤してるんだけど、
自転車はどこを走ればいいんだろう?歩道?車道?
自転車乗りにとっては、日本の都市設計なんて、
ユニバーサル(自在な)どころでは無くて、無、ナッシングデザイン。

移動するなら、経済効果のあるバスか、自家用車にしろ!
自転車になんか乗ってくれるな状態。

歩道を走ったら走ったで、歩行者との接触は絶対に避けたいし、歩道の中には
バス停があって、朝はバス待ちの学生やらおばちゃんやらが歩道上にいっぱいだ。

じゃあ車道?かと言うと、これまた危険で、車のドライバーは「なんで自転車が車道を?」
と完璧に思っているし、右左折時に、ほとんどのドライバーは
「対向車が来ているか?」しか見ていないし、歩道上を完全にふさいで、
ボケーっと車の切れ目を待っているアホ顔な奴とかが、片道5キロの間に7,8台はおる。

もう自転車歴は30年なんで、30年もやれば薄々気が付きもするけど。
もちろん「そのすべて」が面白いから毎日やってんだけどねえ。

最近、「神」こと、忌野清志郎アニキが自転車に熱い。
全ての取材、発言を自転車生活ベースになさっている様子。
挙句に、新曲は「サイクリングブルース」!
さすがに解ってらっしゃる。常にマイノリティであるという事が。

都市のデザインをされている方〜!
自転車は排気ガスがゼロっすよー!
運動としても、骨と間接への負担の少ない大変優れた乗り物ですよー。

ただし弱点として、長時間の自転車の使用はその開放感の為、
脳が喜びすぎて、頭の中の発想が自由に・・・・・ って事でしょうか?アニキ!
[PR]
by nashica | 2005-02-16 22:43 | 車&バイク&自転車