ブログトップ
またもや古民家にお呼ばれ・・・・・
昨晩は、古民家のディナーにお呼ばれ。
こちらはウチのカミサンと洋服のブランドを始めるお友達のお宅で、余裕の築100年。
コチラの旦那さんはもちろん芸術家(書家)にして、日本語と文字の研究家の方でした。
c0053399_825226.jpg
家の中も骨董品で統一され、さながら江戸時代末期か明治時代の洋館の様で、かなりタイムスリップします。
さすがは書家さんの御自宅なので、壁には、和紙が張ってありました。
これも旧家建築の手法で、かなり風合いは良かった。

最近、日本の旧家建築とか伝統文化に興味アリアリの俺には、驚きの連続でした。
c0053399_811744.jpg
一番驚いたのは、ココは、熊本や大分の山の中では無くって、ウチから徒歩圏内の八幡東区だったと言うこと。

あるところにはあるもんです。ある意味「オオサンショウウオ級」。
昨晩は、そんなステキなお宅で、「久保田の萬寿」でちーん。
[PR]
by nashica | 2008-03-21 08:02 | 俺メモ日記