ブログトップ
祝祝祝祝!NTT!
速報!
NTTが見事にヨゴレテきましたよ!
予想通りの「糞会社」でした。

実際にはいわゆる小倉的なヨゴレっぷりとは違い、訴えられる事を視野に入れ、緻密でかつ曖昧な巧い言葉をたくさん準備し、大幅に事実を書き換える作業にかかって来ました。
c0053399_10483912.jpg
c0053399_10484884.jpg
結論から言うと、NTTに都合の良い部分である客サイドからの要望やら契約内容は、速攻で紙にする(契約書作成)するけど、少しでも自分に都合の悪くなる可能性のある部分はNTTサイドからは紙も出せないし謝罪も出来ませんと。

もしかしたら「7月開通」を電話で言ったかもしれませんが書類的に証拠がありませんと。

さらに送付されてきた書類についても「むしろこの確認書は社内的には「仮」なので開通すると判断されたのはお客様の誤りです」とキターーーー!

そもそもその「お申し込み」の前に「7月開通」の約束が大前提にあったから契約したんやろがっつーの。

ヒヤッホー!NTTが完璧にヨゴレてキターーーーー!
「そんな事は言ってません」で来ましたよ。
いやー!とにかく認めませんネエ。ミスりましたとは。
もう弁護士が出てきてるのか、「クレームマニュアル」を読んでいるのか?。
訴訟で即負けキーワードは絶対に出しませんよ。
つまり「謝罪=ミスを認める=相手の損失補てん」になるからソレは絶対にしないって事かい。
その上、最悪の「お客様が悪い」って言って来ましたよ。

長年契約のテレアポ営業やってきて考え出されたトラブル時の責任逃れの技法なんやろね。

とりあえずNTTとせっかく交わした契約が、なぜ遂行されないのか理由を文書で出してくれと言って電話は切りましたけど、今までの流れから行くとこのまま連絡無しでしょうね。

いわゆる「黙殺」すか。
はい!皆さん!これがNTTの対応ですよ。

自分の営業は電話かけまくりやのに、都合が悪い電話は全然かかって来ません。電話をかけるのは大好きな人達だと思ってましたけど。

結局ダメな奴が振りかざす困った時の最後の武器は「言っていません」「覚えがありません」「正式な書類ではありません」&「黙殺」。
まるで国会中継と同じやな。さすがは政治献金全開の日本の優良企業。

大企業のプライドに賭けて、この様なケースの小さなビジネストラブルに際しての模範的なフォローを見せてくれるのかと楽しみにしてましたが・・・・・・・

別に金が欲しくてモメテてる訳では無い訳ですよ。

ただ、自分の今後の社会生活において、こんなケースの時にあれほどの大企業であれば、どう大人の対応をするかを、参考として知りたかっただけ。
自分も起業を目指す者としてね。
凄いねえ大企業の倫理。いやー!勉強になりました。

さて、明日以降は、どうしてくれようかネエ。
まだまだNTTにも勉強して貰いますよ。

今からの時代は、やっぱ付き合うなら顔の見える個人事業じゃないとダメだな。
[PR]
by nashica | 2008-07-08 10:35 | 俺メモ日記